大阪発の塾講師求人サイト「塾講師バイト.com」ロゴ

塾講師バイト 面接の対策はこれでバッチリ! | 大阪発・塾講師のバイト、プロ講師、正社員求人検索サイト【塾講師バイト ドットコム】

大阪発の塾講師求人サイト「塾講師バイト.com」ロゴ
総合トップページ

最終更新日 2017/08/16
求人掲載数:1183

会員登録/ログイン
キープした塾一覧

塾講師バイト 面接の対策はこれでバッチリ!

●まずは面接の準備!

持ち物

・履歴書(シワや汚れがつかないようにクリアファイルなどに入れておこう)
・筆記用具(書類の記入などのために。ボールペン、シャーペン、両方準備しておこう)
・スケジュール帳などメモするもの(面接時に携帯を出すのはあまりよくないので、携帯でスケジュール管理している人も何かしら準備しておこう)
・応募先に指定されたもの(印鑑、スリッパなど)

服装

・清潔感のあるもの(私服、スーツ共にしわやよごれに注意)
・スーツの色は紺またはグレーで無地のものか、ストライプが入っていてもシンプルなもの
・靴は男性の場合、ビジネス用の革靴、女性はヒールの高くないもの
・靴下は白以外の暗めの色、また女性ならストッキング
・どれだけ服装がきっちりしていても、髪型がだらしなければ意味がありません。髪の毛が長い人はしっかり束ね、爪やヒゲは手入れしましょう。ネイルアートは外しておきましょう。

●面接当日

・何分前くらいに着けばいい?

面接の約束時間5分~10分前に到着が目安。遅刻は論外。電車などの都合で20分前など早く着きすぎてしまうときは、近くで時間をつぶしてから行くべきです。また、迷わないように事前に場所やどれくらいかかるのかを確認しておき、余裕をもって行動しましょう。会場に入る前には携帯電話の電源は切り、帽子や冬の場合はコートなどを脱いでから入りましょう。面接時間を忘れたり確信がない場合は、自分で判断せず面接先に連絡して再確認しておきましょう。着いたときの声の掛けかたは、受付の人に自分が面接で来たということを伝え、その人に従いましょう。

・急な予定で行けなくなったり、遅刻しそうなときは

時間を守ることはビジネスマナーの基本。必ず、すぐに応募先に電話で事情を伝えましょう。そのときに謝罪と現状の報告を忘れずに。メールではなく必ず電話で連絡しましょう。無断キャンセルは厳禁。それをするかしないかによって先生のあなたへの印象も大きく変わります。嘘はつかずに正直に理由を伝えましょう。面接が始まる前には遅刻や予定を変更したことについてもう一度きちんと謝罪しておきましょう。

★電話での謝罪の流れは 謝罪の言葉→遅刻の原因→到着予定時間

※ 具体的な遅刻の時間を伝えるときは、少し余裕をもった時間を伝えましょう。遅刻するうえにさらに待たせてしまう、なんてことはないように。

・面接本番

面接では、椅子にもたれかけたり、足や手を組まずに、背筋を伸ばして姿勢よくすることを意識して。質疑応答では、落ち着いて明るくハキハキと素直に答えていきましょう。
相手の目を見て、うなずいたりあいづちを打ったり、真剣さをアピールしましょう。
また、分からないことや不安なことは、このときに質問しておきましょう。
(給料、仕事内容、交通費、入塾時に必要な持ち物、合否の連絡日など)

・面接内容

面接で何を聞かれるのか。
基本的に、自己紹介、大学名、専攻学科、成績については聞かれるでしょう。(事務バイトを除く)
志望動機、職歴、勤務可能日程や、交通手段、希望の指導教科など、仕事を始めるにあたっての必要事項が確認されます。このために、質問されることを前提に、確認し準備しておきましょう。

また、基本的には事前に連絡されますが、面接と同時に簡単な採用試験や、軽く模擬授業してくださいという塾もあります。採用試験の難易度のはたいてい公立高校入試レベルです。採用試験の試験数は基本的に2教科から3教科。「採用試験」という名前から不安を感じる人も多いでしょうが、採用試験といえども一般的な大学生の学力があるか確認する程度のテストです。心配しなくて大丈夫!

合否の連絡は塾によってさまざまです。事前に確認しておきましょう。そのときに知らされた期日を過ぎても合否の連絡がない場合は応募先に問い合わせて見ましょう。また、履歴書の返却は義務ではないため、落ちた場合は応募先が破棄する場合がほとんどです。履歴書を返してほしい場合は、応募先に問い合わせてみましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

サポート

(C)大阪生まれの塾専門求人サイト | 塾講師バイト ドットコム All Rights Reserverd.